東洋医学用語

  • LINEで送る

【気】

読み:き

東洋医学では、気は活力があって、絶えず活動して、身体全身の新陳代謝などを推し進める働きや、熱を作ったり、その温度を保つ働きと、病気の原因から身体を守る働きがあります。

<特徴や症状>  
気の思想からいいますと、人体の誕生から成長と発育、各臓腑から経絡などの組織器官の生理活動によります。

気の不足の事を、気虚と言います。

これは、気の生成不足と消耗過多、ある種の機能減退の病的状態の事を言います。
原因としまして、
①先天的な元気の不足 
②飲食物の摂取が不足し、後天的な元気が補充されない 
③心身の過労 
④房事の不節制 
⑤大病や長期間の療養など 
があります。

気が不足すると、精神の萎縮・停滞、倦怠感、手足の無力感、めまい、自汗、風邪を患いやすい。症状が治りにくいなど現れやすいです。

気の停滞する事を、気滞と言います。

原因としまして、
①喜怒憂悲恐など情緒の乱れ 
②飲食物の摂取の不調和 
③痰や血などによる経絡の流注の阻害 
④打撲・捻挫などによる損傷などがあります。

その他備考や類義語や関連語句
原気(元気)・宗気・営気(栄気)・衛気・真気・臓気・経気・胃気

オススメの最新鍼灸治療とは⇒

  • LINEで送る

幹細胞を活性化、鍼灸施術にも使われているパッチをご紹介いたします!

100%天然素材のオーガニックのクリスタル(水晶)の結晶を使用し、

薬物・化学物質・興奮剤などは一切含まれておらず、身体に有害な成分は使用していません。

肌に直接貼ったり、服に貼ることで直ぐに効果を発揮し始めます。

他の経皮パッチは薬用成分や刺激興奮剤を肌から体内へ送り込むのに対して、

このパッチは何も体内に入れない非経皮パッチであるため副作用がありません。

クリスタルパッチ

コメント

  1. ピンバック: 火邪
  2. ピンバック: 肝鬱
  3. ピンバック: 陰分(陰液)
  4. ピンバック: 衛気

Comments are closed.